aptってなに?

ブログの名前通り、適当です
正確な情報を求める人は別のサイトへどうぞ

このページでは、aptの使い方とイメージを混ぜて話してます。
とても適当に。

#で始まるコマンドは基本的に管理者権限が必要なので、sudoを付けて実行してください。
#は入力しません。

$で始まるコマンドは、基本的に管理者権限は不要です。
同じく$は入力しません。

# apt update

aptくんというアシスタントが、あなたのPCの中にいます。
aptくんは、あなたが使う店のリストを持っています。

この店の商品はパッケージと言います。

あと、どの商品も無料です。送料も無料です。
なんていうか配布ですね。

このコマンドを実行すると、そのお店のカタログなどを取ってきて、全ての店のパッケージを合わせたリストを作ります。

基本的に、このコマンド以外では店に見に行くことはありません。

リストには、

  • パッケージ名
  • ダウンロード元
  • 使用可能なバージョン
  • それが動作するために必要なパッケージとそのバージョン
  • そのPCにインストールされているかどうか
    • されている場合はバージョンはいくつか

などがあります。
多分。

そのリストは、インストール済みなものは入っているバージョンがメモされています。

便利ですね。

# apt upgrade

aptくんは、updateで作ったリストのインストールされているパッケージのインストール済みバージョンと店の最新バージョンを照らし合わせ、店の方が新しいパッケージは最新バージョンをダウンロードしてきてインストールします。

有能である。

# apt install

使い方は、
apt install <パッケージ名> ...
apt install <パッケージ名>[=<バージョン>] ...

例にすると、

  • python-pipをインストールしたい場合:
    apt install python-pip
  • ibus-mozcとfonts-takaoをインストールしたい場合:
    apt install ibus-mozc fonts-takao

例では同時に2つまでですが、色々入れたい場合はスペース区切りでたくさん書けます。

このコマンドは、指定されたパッケージをリストから探し、店から持ってきてインストールするコマンドです。

基本的に最新バージョンがインストールされます。

それ以外のバージョンをインストールしたい場合、=<バージョン>とつければいいです。

要は、apt install python-pip=9.0.1とすれば、python-pip9.0.1がインストールできます。

# apt remove

使い方は、
apt remove <パッケージ名> ...

例にすると、

  • python-pipを削除したい場合:
    apt install python-pip
  • ibus-mozcとfonts-takaoを削除したい場合:
    apt install ibus-mozc fonts-takao

まぁinstallと同じですね

これを実行すると、そのパッケージを削除できます。
そのパッケージに依存する全てのパッケージが削除される事になるので、何が削除されるかメッセージをよく見ておきましょう。

設定ファイルなどは削除されませんので、そっちも削除したい場合は後述のpurgeを使いましょう。

# apt purge

使い方は、
apt purge <パッケージ名> ...

例にすると…って、installやremoveと一緒だしもういいですよね

removeとほぼ同じ動作をしますが、この場合設定ファイルまで削除されます。

…とは言っても、消えないことも結構あります。
ユーザーごとの設定なんかは大抵消えないですね。
全体の設定もなんか消えないことがあるような気がします。
詳しくは調べてないですが、パッケージによっては手動で探して消さないといけないかもです。

終わりに

終わりにってか、めんどくなったので一回公開します。

そのうち追記すると思います。
多分きっとおそらくMaybe Perhapsもしかしたら

これしたいんだけどどうやるの!?!みたいなのあればコメントで教えてください。

投稿者:

らる

2005年生まれ。小6からVPSでブログ始めた人間。 飽きやすい。 前はYouTubeで遊んでたけど、それも飽きた。 このブログも、そのうち飽きて、消えるか更新停止するかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です